市販の白髪染め5選

市販の白髪染め選ぶポイントとおすすめ5選

 

最近の白髪染めは、かなりオシャレになってきて、昔は「白髪染め」と言えば、「黒」のイメージでしたが、現在は、沢山のカラーバリエーションがあります。
そして、タイプも豊富になっているので、自分に合ったカラー、髪に優しいタイプもあります。
しかし、よく、「オシャレ染め」で「白髪」を染められるのか…と思っている方もいるかと思いますが、「オシャレ染め」と「白髪染め」のカラー剤では、脱色力と染毛力のバランスや染料成分に違いがあります。
白髪は元々、メラニン色素がない無色なので、「白髪染め」に脱色力はそこまで必要なく、その代わり染毛力が高い成分を使用しています。その為、白髪を「オシャレ染め」で染めても染毛力が弱いので、染まりにくいのです。
また、明るい色になればなるほど染毛力は弱くなるので、明るい「オシャレ染め」で白髪を染めようとしても、上手くは染まらないです。
これは、「白髪染め」でも同じことで、明るいトーンにしようと思うと白髪を染めるのは難しくなるので、しっかり隠したいという方は、少しトーンをおとすこと(暗めのトーン)をおススメします。


白髪染めを選ぶ上での注意ポイント

 

1. 配合成分は髪を傷めないものを。アレルギーの方も注意を!
市販されているヘアカラータイプの「白髪染め」は、1剤(酸化染料・アルカリ剤)と、2剤(酸化剤)を混ぜ合わせた化学反応により染めるもので「アルカリ性酸化染毛剤」とも呼ばれています。一度染めると数ヶ月は色を楽しめます。ただ、キューティクルを一度開いた状態で染毛剤を浸透させるため、どうしても髪の痛みを避けることはできません。よって、パサつきを抑える毛髪保護成分やトリートメント成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。
また、「パラフェニレンジアミン」や「パラトルエンジアミン」といった成分が含まれたものは、「アレルギー」を起こすことがあるので、注意してください。肌の弱い方は、成分表をチェックして、選ぶことをおススメします。

 

2.[臭い]の軽減されたものなら不快感も少なめ♪
「白髪染め」は、浴室などの密閉された空間で行うことが多いので、染め特有の臭いが気になると思います。しかし、最近は臭いを軽減している商品も多く、染毛時の不快感は少なくなってきています。臭いの少ないものを選んでおくと、染毛時に気分が悪くなるのを避けられますし、染めた直後も白髪染め特有の臭いがしないので、安心です。

 

3. 余った分を次回に取っておけるタイプなら経済的♪
1箱を毎回使い切る髪の量ならあまり気にしなくても良いかもしれませんが、伸びた根元を染めるだけや、気になる生え際・分け目だけを染める場合、1回で1箱を使いきれないので、残った染め剤を取っておけるタイプなら無駄がないですし、経済的にもよいですね。


タイプによる白髪染めの違い


「白髪染め」は、髪質やダメージの度合い、白髪の量に合わせて選ぶことが大切です。 何種類かあり、それぞれ染まり方・ダメージ度合いにも違いがありますので、タイプ別の違いを確認して、購入されると良いと思います。 タイプ別にご紹介したいと思います。

1 [ヘアカラー]…即効性があり効果も長持ちするが、ダメージが大きい

髪の内側からしっかりと染まり、カラーが長持ちするのが「ヘアカラー」タイプです。 液状・乳液・クリーム・泡タイプとして販売されているものが多く、部分染めから広範囲染めまで対応できる上、使用後すぐに効果を実感できるのがメリットです。 ただし、髪へのダメージが大きいので定期的に使用するのはおススメできません。 *液状・乳液状 :伸びがよく、広範囲を染めるのに最適です *クリーム・泡状;液だれしにくく、広範囲も部分だけでも適します   ※両方ともにカラーの種類が豊富

2 [ヘアカラートリートメント]…使う度に徐々に染まり、自然に白髪をカバー

シャンプーの後などに使用するもので、使う度に少しずつ髪を着色していくのが「トリートメント」タイプです。即効性はないですが、自然に染まっていくので白髪染めしていることを隠したい方に適します。 「シャンプータイプ」や「トリートメントタイプ」があり、入浴の際に使用できるのも魅力な上、髪へのダメージも少ないので、ヘアマニキュアより更に手軽に使用できるタイプです。 *全体を染めたい人向け:定期的に使用することで髪の根元など、自分で染めるのが苦手な人でも、手が届きやすいタイプです

3 [ヘアマスカラ]…お出かけ前にサッと使える、一時的な白髪隠し用

一時的な白髪隠しとして使用される「ヘアマスカラ」タイプです。 この後、紹介する中には入ってきませんが、洗い流す必要がないので、気になったところをすぐに隠したい時にとても便利です。外出時にサッと染められるので、生え際など染め残しがある場合にも洗い流さないこのタイプを1つ持っておくと安心できます。

おすすめ白髪染め5選

ホーユー シエロ ヘアカラーEX クリーム

混ぜる手間のいらない「ワンプッシュ式」クリームタイプの白髪染めです。毛髪保護成分となる「グレープシードオイル」「ユーカリオイル」「月見草オイル」「機能性アミノ酸」の4つの成分を配合し、さらに海洋コラーゲンで潤いを与え、艶のある髪に整える効果があり、1回目でもしっかり染まる上、色長持ちもし、髪が傷みにくいと評判です。

*明るさ…クリーム4(ライトブラウン)/ 価格…879円(amazon価格)
     クリーム3RO(ローズブラウン)/ 価格…753円(上記同じ)
*内容量…1剤40g+2剤40g

<おススメポイント♪>
最近使い始めた白髪染めですが、匂いもよく、色長持ちもしていると思いますし、髪の痛みも少ないように思います。

※写真転載/シエロ公式


ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ 7CB

<液だれしにくいのでしっかり染まり、初めての方でも扱いやすく、複数回に分けて使用できるので、部分的なタッチアップにも♪>

*色持ちが6週間と長持ち。深くリッチなカラーが長続き
ミクロの色素によって毛髪内部がしっかりと満たされた状態で発色するので、深みのあるリッチなカラーを実現でき、髪の芯までムラなく染めるので6週間経っても色鮮やかです。
*植物由来の3つのトリートメント成分、輝きエッセンスをプラスワン♪
ウエラトーン ツープラスワンでカラーした髪は、滑らかで輝くような艶のある仕上がりに♪(ホホバ油、アボカド油、ヒマワリ油<毛髪保護成分>)
*日本人の髪に合わせた多彩なカラーバリエーション♪
ウエラトーン ツープラスワンは、日本人の髪色に適した7つのシェードパターンを選び、その中で髪色のトーン(明るさ)を選べるようにデザインされています。このように多彩なカラーバリエーションから選べるのは、サロン生まれのヘアカラーであるからです。

*明るさ…7CB(ナチュラルブラウン)/ 価格…1,400円(amazon価格)
*内容量…60g+60g+7.3ml

<おススメポイント♪>
説明にもありましたように、数回に分けて使用できるのは有難く、根元・生え際のみ、または、髪の長さによって使い切らない場合にとても重宝します。 色は、ナチュラルブラウンですが、染める人の髪質によって明るく感じたりするので、この商品を使用しています。

※写真転載/ウエラ公式


ホーユー ビゲン香りのヘアカラークリーム

「ビゲン香りのヘアカラークリーム」は、根元までしっかり染め上げるため、染めたての状態が長く続くのが特徴です。クリームタイプなので、液だれしにくく髪の根元までしっかり密着して染めることができます。
ヒアルロン酸が髪に潤いを与え、白髪染め特有の染毛後のパサパサ感を軽減してくれます。また、ビゲン独自の「色あせ低減処方」が髪の内部に浸透した染料の流出を抑え、色持ちもUP。染めてしばらくするとキラキラ浮いてくる白髪に悩んでいた人におススメです♪更に、必要な分だけチューブから出すことができるので、残った分は取っておくことができます。

*明るさ…クリーム4(ライトブラウン)/ 価格…514円(amazon価格)
*内容量…1剤40g+2剤40g

<おススメポイント♪>
液だれしないのは有難く、染めやすいことと、値段も安いのでまとめて購入しやすいです。現在も使用しています。使用感としては、そこまで傷んでいる感じはありません。(個人差はあると思います)

※写真転載/ビゲン公式


レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

<白髪染めしながら地肌ケアもできる>
[ヘッドスパの白髪染め]の名前通り、白髪を染めながら頭皮ケアまでしてくれる白髪染めトリートメントです。
汚れを吸着するドイツ産の泥「ファンゴ」や「センブリ・トウガラシ・オタネニンジン」といった7種の養毛成分など、まるでヘッドスパサロンで使用されるような成分が、ふんだんに配合されていて、髪に塗布したトリートメントをそのまま使ってヘッドマッサージすることができます。 髪にも優しい上、頭皮にも安心なので、白髪だけでなく薄毛に悩んでいる人にもおススメです♪

*明るさ…ライトブラウン/ 価格…3,600円
*内容量…300g

<おススメポイント♪>
以前、使用していました。説明の通り、入浴の際に「ヘッドスパ」をしているような感覚には、髪を乾かしたあとに感じたことはあります。カラーバリエーションもあるのも嬉しいです。

※写真転載/レフィーネ公式


LABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

毛髪の研究を重ねてきたアートネイチャーが、白髪に悩む人のために開発したトリートメントの白髪染めです。
通常のシャンプー後、染めたい部分に馴染ませるだけで徐々に白髪の目立たなく思い通りの髪色に近づけることができます。3分放置するだけで染まるので、忙しい人にもおススメです♪
また、「トリートメントタイプ」ならではの美容保湿成分を贅沢に配合していて、髪を労わりながら白髪をカバーすることが可能な上、髪を傷めたくない人にもおススメです♪

*明るさ…ブラウン/ 価格…2,916円(amazon価格)
*内容量…200g

<おススメポイント♪>
こちらも以前使用していました。洗髪中に行えるので、便利ではあります。美容保湿成分も含まれていますので、傷めたくない方達にも良いと思います。また、カラーバリエーションもありますので、自分に合わせて選べると思います。

※写真転載/ラボモ公式


まとめ

いかがでしたでしょうか。ご紹介しました5選は、以前使用していたものと、現在も使用しているものですが、どれも髪の痛みを感じたものはありませんでした。 最近は、本当に、カラーバリエーションが豊富で、好きな色、変化を求めている時にも有難いです。是非、試してみてくださいね。